スタッフブログ

カウチング飾りのクラッチポーチ


こんにちは!谷山店でーす。confident

今回の1day講習会はカウチング飾りのテクニックを施したクラッチポーチです。

毛糸や装飾糸を思いのまま縫い付けて世界に一つだけのポーチに仕上げます。

キルト綿を接着した表生地に装飾していきます。

ミシンにカウチング押さえをセットして飾り糸(毛糸)をセットします。

DSCN2599.JPG

 

ジグザグ縫いでただただ縫うだけなんです。

DSCN2600.JPGDSCN2601.JPG

 

次に持ち手を作ります。タブ用とストラッップ用に分けタブ用にDカンを挟み仮止めします。

DSCN2602.JPGDSCN2604.JPG

 

次はファスナー付け。

ポーチには欠かせない作業ですが、苦手~downという方が多いですよね。「慣れ」です。coldsweats01

DSCN2603.JPG

 

DSCN2605.JPG

 

縫い合わせたファスナー部分を表に返し、ファスナー口にコバステッチをかけます。

ほらほら、仕上がりが見えてきましたよflair

中表に合わせ、内布の底に返し口を開けて両脇と底を縫います。

DSCN2608.JPG

 

返し口からひっくり返し形を整え、返し口を閉じます。

先に付けたタブのⅮカンにストラップ用布を通して縫い代を隠すように縫い止め完成happy01

DSCN2606.JPGDSCN2607.JPG

 

二度と同じ模様は作れない世界に一つだけのクラッチポーチが出来上がりました

お疲れ様でした。またのご来店お待ちしております。